ホームスキンケア情報 ≫ 汗荒れのかゆみと痛みの予防対策法~あせもと間違えたらエライコッチャ!

汗荒れのかゆみと痛みの予防対策法~あせもと間違えたらエライコッチャ!

汗で顔がかゆくなったり、皮膚が赤くなってピリピリ痛くなったりすることありませんか。

プルリン子の場合、「あせもかな。」と思って、なるべく乾燥させたりして様子をみていました。

「そのうち治るかな。」と思って適当に対処していたら、かゆみや赤みが広がって炎症状態になっちゃったんです。

痒いし痛いし、見た目もひどいし・・・(泣)

実はこれ、あせも(汗疹)ではなくて「汗荒れ」だったんですね。

どっちかわからないままいい加減に扱っていると、炎症がひどくなって通院しなきゃいけないハメになってしまいます。

そうならないためにも、今日は汗荒れについてちょっと説明しますね。

いつも応援ありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

汗荒れとあせも(汗疹)の違い。


汗荒れ
汗をかいた後、汗が蒸発して皮膚に残された塩分(ナトリウム)や尿素(アンモニア)が肌を刺激して起こります。
赤く炎症を起こしてヒリヒリと痛みを伴ったり、かゆみが出たりします。

あせも(汗疹)
汗をたくさんかいた後、皮膚に蓄積された汚れや角質などで、汗管(かんかん)という汗の出る管や汗腺(かんせん)が詰まるのが原因です。

正常に汗が出ないことで炎症をおこして、赤いブツブツや水ぶくれになってかゆみを伴います。
特に乳幼児によくみられます。

汗荒れもあせも(汗疹)もホント厄介ですよね。

汗荒れはある種の接触性皮膚炎、つまり「かぶれ」です。

もっとマズイことに、「汗荒れ」は皮膚を掻いて組織が壊れて症状が進むことで、掻破性湿疹(そうはせいしっしん)という症状に悪化してしまいます。

そうなってしまうと治りにくくなって、お医者さんに行っても治療自体が長引いてしまいます。

治療に1年以上かかる人もいるそうですから、なめてたらエライコッチャ~ですよ。

とにかく汗荒れになってしまったら、できるだけ早くきっちり対処するのが大切です。

肌荒れの予防対策法


通気性のあるゆったりした服を選ぶ
肌に残った汗の成分も刺激になりますが、服についた汗が乾いても、肌が服に密着していたらそれが刺激になります。

服との摩擦で汗荒れの原因になってしいます。

顔以外に、特に汗荒れになりやすい部位は首やお腹、背中です。

かたい襟のシャツやベルトはなるべく避けるのがいいですよ。

あと、腕時計のベルトも原因になりやすいです。

女性の場合は、わき汗が原因の人も多いですから要注意です。

夏はノースリーブのように脇がピタッと肌に密着した服を着る機会が多いですよね。

汗をかいて、お肌とノースリーブの袖のない両脇部分が密着したところが接触して、摩擦で刺激されると、炎症をおこして容赦なく肌荒れをよびます。

プルリン子は、ぶるんぶるんの振袖腕をむき出しにすることは滅多にありませんが、インナーとしてノースリーブを着るので注意しなくちゃ・・・です。

私の場合は、特に顔と首が汗荒れしやすいんです。

でも、思い起こすとワキが痒くて赤くなっていたことがありました。

あれって今思うと汗荒れだったんですね。

大事には至りませんでしたけど、自分が思ってる以上に私ってワキ汗がすごいかも・・・。(汗)

考えてみたら、両ワキ周辺ってブラの存在も手伝って、かなり暑苦しい状態ですよね。

ブラの素材がナイロンやポリエステル等の合成繊維だと、両わき周辺の刺激度はマックスになる可能性アリアリです。

とにかく汗をかいた後の衣服と皮膚の摩擦は、汗荒れの引き金となりますので、綺麗女子のみなさまはくれぐれもご注意くださいませね。

汗をかいたらすぐにふき取る
当たり前のことですが、汗が蒸発してしまう前にさっさと拭いてしまいましょう。

こまめにふき取るのが大切ですが、ゴシゴシ拭くとまたまた摩擦でお肌にダメージを与えてしまいます。

うーむ、こまめに拭きすぎるのもどうでしょうね・・・。

拭くときは汗をそっと吸い取るように、タオルで上から押さえるようにする方法が一番刺激が少なくてすむと思います。

お肌に負担をかけないようにするのは、汗荒れの原因となる塩分などを皮膚に残さないことなんですね。

ですから、外出の際は、濡れたハンカチやコットンをジップロック等に入れて持ち歩くと便利ですよ。

赤ちゃん用のアルコールの入っていない「おしりふきシート」なんかもお肌に優しいのでおすすめです。

私は持ち歩くのが面倒なので、汗をかいたらすぐに化粧室に飛び込んで、シャバッと顔とか首とか洗っちゃいます♪

メイクをばっちりしていたり、簡単に洗えない状況にある時は、アベンヌウォーターのミニスプレーとコットンを持ち歩いてケアしています。

汗をかいたらすぐに洗い流す
化粧室などで洗い流せる環境であれば、すぐに洗い流して下さい。

洗顔料などは使わずに洗います。

洗顔料やボディソープはかえって肌荒れの原因になりますからね。

それから、汗をかいて顔の皮脂やベタつきが気になるかもしれませんが、洗いすぎるのもNGですよ。

お水よりもぬるま湯で洗うのがよりベター。

お風呂タイムには、柔らかい天然素材のタオルか手のひらで洗います。

炎症しているときは柔らかいタオルでも刺激になりますから、必ず手の平で洗って下さいね。

入浴中や入浴後にお肌がかゆくなる人は、手のひらで優しく洗うに限ります!

手のひらだけでも十分汚れは落ちるので、シャカリキになって手でゴシゴシこすらなくても大丈夫ですよ。

お風呂上りはチャッチャと手早く、そして優しく体をふきます。

肌を清潔にした後は保湿クリームを塗る
「汗荒れ」をうっかり「あせも(汗疹)」と間違えちゃいけませんよ~。

汗荒れをあせもだと思っていたら、乾燥させるケアで、真逆の危ない対処方法に走ってしまいますからね。

乾燥させるのではなく保湿ですよ~、ホ・シ・ツ。

入浴後や洗顔後は、保湿クリームをこまめに塗りましょう。

健康なお肌は皮膚のバリア機能がきちんと働いて、汗の塩分やアンモニア、ほこりや汚れからお肌を守ってくれます。

でも、皮膚のバリア機能が低下していると、汗などの刺激で痒みや炎症を起こして肌荒れになってしまうんですね。

そんなお肌を保護し、弱ったバリア機能を手助けして汗荒れを防止改善するためにも、保湿クリームはチョコチョコとまめに塗って下さいね。

お風呂上りは皮膚が乾いてしまう前に、保湿クリームでしっかりお肌の乾燥を防ぎましょう。

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌など肌の弱い人だけでなく、健康肌の人も、これからの季節は汗や摩擦に加えて紫外線からの影響も大いに受けやすくなります。

ちょっとした工夫と心がけで、いつもお肌を清潔に健やかにキープしましょうね。

いつも応援ありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ


関連記事

コメント











管理者にだけ表示