ホームスキンケア情報 ≫ 無添加化粧品は絶対安全?「無添加」の意味が持つ甘い罠にひっかかるべからず。

無添加化粧品は絶対安全?「無添加」の意味が持つ甘い罠にひっかかるべからず。

突然ですが、基礎化粧品類のパッケージに書いてある「無添加=安全」って思っていませんか。

以前私はラベルにそう書いてあると、肌に害のない安全な化粧品なんだと単純に思い込んでいました。

特に敏感肌さんは無添加といううたい文句に敏感に反応してしまうのではないでしょうか。

化粧品会社も「無添加」というのをアピールしているところが多いですし、私たちもそれを基準に化粧品を選ぶことも多いと思います。

無添加化粧品という言葉のイメージで「何となく良さそう。」と、つい選んだりすることもありますよね。

たとえ添加物が色々入っていても「無添加化粧品」として売られている商品がたくさんあるのを、あなたは知っていますか。

「そんなん詐欺やんっ!」と大声で叫びたくもなりますが、「無添加」という堂々たる表記の裏側に実は罠が潜んでいるんですよ。

今日は「無添加化粧品」という言葉のイメージで誤解してしまうカラクリをチェックしてみました。

いつも応援ありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

そもそも無添加化粧品の「無添加」って、どういう意味を持つのでしょうか?

一言で言うと、皮膚や体に害を及ぼす「人工的な添加物」が入っていないことなんですね。

つまり、合成界面活性剤や防腐剤など、アレルギーを起こしたり発がん性のある合成化学物質が配合されていないことをさします。

ちまたには「無添加化粧品」とよばれるものが溢れていますが、あなたは「無添加化粧品」と書いてあれば、肌にダメージを与える添加物が入っていないから安心・・・と思っていませんか。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、これ、実は違うんですよね。

プルリン子は「無添加化粧品は肌や体に悪い添加物ゼロで安心安全なのね!」と何年か前までは盲目的に信じていました。

そう「無添加化粧品」という言葉の罠にハマっていたんですねー。

私のような敏感肌さんほど、無添加という言葉に弱いと思います。

単純に考えても、お肌に良くない添加物の種類って一種類だけじゃないですよね。

何百種類、何千種類とあります。

デカデカと「無添加化粧品」とPRしているものは、目をこらさないと読めないような小さな文字で、パッケージの端っこの方に何が無添加なのかが超控えめに表記されていたりします。

ですから大きく「無添加化粧品」と書いてあっても一体どの添加物が無添加なのか全くわからないんです。

例えば、防腐剤が配合されていても香料が無添加なら、香料の方にだけスポットをあてて拡大解釈し「無添加化粧品」といえたりするんですよ、これが。

ビックリですよね・・・。

もっと極端にいうと、たった1種類の添加物、例えば香料だけが無添加処方で、残り99種類は添加物が配合されている化粧品でも「無添加化粧品」になるんです。

すごい誤解を招く言葉のトリックだと思いませんか。

「無添加化粧品」という謳い文句を鵜呑みにしていると、知らないうちにお肌に害のあるものをいっぱい塗りたくっていたりすることもあるからホント恐ろしいです。

良心的な化粧品会社は、実際にどの添加物が無添加なのかをはっきりと明記してくれているので、私はそれを目安に選んでいます。

「防腐剤無添加」とか「香料無添加」とか「紫外線吸収剤無添加」とか・・・どの成分が無添加なのか表記するのが本来のメーカー側の姿勢だと思いますが、残念ながら必ずしもそんな化粧品会社ばかりではありません。

特に化粧水はお肌に一番最初に塗ってダイレクトに浸透していくものなので、合わない場合はモロにお肌がダメージを受けてしまいます。

「無添加化粧水」と書いてあっても、自分に合わない添加物が入っている可能性もありますので、ちゃーんとパッケージやラベルの成分表をチェックしてみてから使うようにしましょうね。

一方で、添加物といわれる合成化学物質にも、それなりのメリットがあることも知っておいて下さい。

合成化学物質のメリットはズバリ、安い値段で大量に安定した商品が作れるということです。

最近は技術の進歩により、一概にすべてが悪いとは言い切れないのではないかと思うのです。

なぜなら添加物でも害が極力少ないものもありますし、添加物を上手にほんの少量配合することで、自然派化粧品やオーガニック化粧品がクリアできないデメリットを解消できることもあるからです。

お肌に優しいとはいえ、自然派化粧品オーガニック化粧品はその自然さゆえに純度の高い天然成分がかえってお肌に合わなくてアレルギーをおこす人もいます。

また自然派コスメやオーガニック化粧品は、お肌へのダメージを与えない防腐剤が入っていないので安全・安心だと思われがちですが、その分劣化が早く雑菌が繁殖しやすいところがマイナス面でもあります。

せっかく無添加化粧品を使っているのに、劣化したものをお肌に塗り続けると、かえってお肌にダメージを与えてしまい、肌トラブルの元になりかねません。

ですから、無添加=安全とは言い切れないですし、「無添加化粧品」というのは全ての添加物が入っていないという意味ではないのです。

個人の肌質にもよるので、一概のどちらが良いとか悪いとかはいえませんが、「無添加」という言葉に踊らされないように、正しく判断できる目を持ちたいものですね。

私は以前、お花の色素をふんだんに使った無添加コスメのチークを取り寄せたことがありました。

でも頬につけたらすぐにかゆみが出て、すごい肌荒れしたんです。

その後、無添加を謳ういくつか別の化粧品ブランドの無添加チークも試してみましたが、同じ症状が出て困ったことがありました。

当時は今ほど添加物に関する情報もなかったですし、私もとことん成分を調べたりしなかったのですが、今考えると、色素は無添加だけど他の添加物が配合されていたか、花から抽出した色素そのものがお肌に合わなかったのだと思います。

今では化粧品には「全成分表示」が義務付けられていますので、自分の肌に合わない成分が入っているかどうかを確かめてから買えるのがいいですね。

あまり神経質になりすぎるのもナンですが、”無添加”というムードに流されず、きちんと知った上で無添加化粧品を選ぶことがとっても大切ですね。

いつも応援ありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ強調文


関連記事

コメント











管理者にだけ表示