ホームアンチエイジング方法いろいろ ≫ よく噛んで食べるだけでアンチエイジング『卑弥呼の歯がいーぜ』

よく噛んで食べるだけでアンチエイジング『卑弥呼の歯がいーぜ』

突然ですが、『卑弥呼の歯がいーぜ』という標語をご存知ですか。

卑弥呼時代の食事にちなんでできた食育標語なのですが、よく噛んで食べることがどれだけのアンチエイジング効果を発揮するかをあらためて知ることができるんですよ。

そんな『卑弥呼の歯がいーぜ』をちょっと紹介しますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

愛あるクリックをありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

卑弥呼の歯がいーぜ


弥生時代の卑弥呼の食事は今の6倍も噛む回数がある食事だったそうです。

さぞかし卑弥呼は歯も丈夫で健康だっただろうという事から作られた、食育標語『卑弥呼の歯がいーぜ』は、よく噛んで食べるとどうして良いのかをとてもわかり易く示してくれていますよ。

ひ・・・肥満予防
早食いせずに、よく噛んでゆっくり食べると、満腹中枢が満腹を察知する前に食べ過ぎることがなくなります。

「十分食べた。」という満足感が得られ、肥満を防いで自然とダイエットできます。

み・・・味覚の発達
丸呑みせずによく噛むことで、食べ物の形や固さ、素材そのものの味がよくわかるようになります。

こ・・・言葉の発音はっきり
よく噛むとで口周りの筋肉が発達し、顎や歯が丈夫になって表情が豊かになります。かみ合わせがよくなって、滑舌も良くなり、言葉の発音がはっきりとできます。

の・・・脳の発達
よく噛むことで脳への血流が増えて、脳が活性化されます。子供は脳が発達し、大人は物忘れしにくくなります。

は・・・歯の病気予防
よく噛むと、顎が発達して歯がきれいに生えます。唾液の分泌が増えることで、口の中の食べ物のカスや汚れなどを洗い流して、虫歯や歯周病予防にもなります。

が・・・がん予防
発ガン物質は30秒間唾液に浸しておくと毒消し効果があるそうです。

唾液中のペルオキシダーセという酵素がよく噛むことでたくさん分泌され、発ガン物質といわれる魚や肉のこげ、加工食品に入っている食品添加物などの発がん性を抑えます。

55歳から毒消し成分「ペルオキシターゼ」の量が減少する傾向がありますが、心配後無用です。

唾液の分泌量を増やせば十分カバーできるので、普段からよく噛んで食べて下さいね。

い・・・胃腸快調
よく噛むことで消化吸収がよくなり胃腸に負担がかからないため、胃腸の働きがより活発になります。

ぜ・・・全力投球
脳が活性化されて身体も活発になり、全力投球で仕事や遊びに集中できます。

卑弥呼の歯がいーぜ_R
<画像の出典:「噛む8大効用 - 8020推進財団」より>

よく噛んで食べることは、本当にいいことづくめですよね。

中でも特に覚えておきたいのが、《肥満の防止》《脳の発達》《がん予防》《胃腸快調》です。

胃腸を整えると病気にならないとよく聞きますが、よく噛んで胃腸に負担をかけずにスムーズな消化を促すことは、食べ過ぎや肥満を防ぐことへの大きな助けになりますね。

又よく噛むことで唾液の毒消しパワーを高めて、脳の働きを活発にしてボケ防止や老化防止することは、元気に弾けて生きる50代の私にとってぴったりのアンチエイジング法だと感じました。

でも正直なところ、アラフィフやアラ還に関係なく、アラフォーやアラサー女子の皆さんも含め、男女問わず全ての年代の人に当てはまる有効な若返り法だと思います。

特に年齢が高くなればなるほど、よりしっかりとよく噛んで食べることが元気に美しく過ごすカギになってきますよ。

いつでも始められますし、お金はかかりませんし、一人でできますから、とってもおすすめです。

よく噛んで食べるだけでアンチエイジング。『卑弥呼の歯がいーぜ』を毎日の生活に取り入れてみませんか。

愛あるクリックをありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ


関連記事

コメント











管理者にだけ表示