ホーム冷え症 ≫ 体を温めるお茶レシピ「梅醤番茶」美味しく冷え性改善しよう♪

体を温めるお茶レシピ「梅醤番茶」美味しく冷え性改善しよう♪

生姜紅茶とあわせて、冷え性にいいと言われる「梅醤番茶」。

温め効果があって、胃腸も整えてくれますよ。

醤油に番茶(ほうじ茶)に梅干しに生姜。

すばらしい日本のスーパーフード!

ウィー アー ザ ジャパニーズ\(^o^)/

それでは、張り切って参りましょう。

「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」と「醤油番茶(しょうゆばんちゃ)」レシピです♪

・応援ありがとうございます♪
  にほんブログ村 50代女磨き

「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」「醤油番茶(しょうゆばんちゃ)」の材料となる生姜、梅干し、ほうじ茶には、日本のパワーがギュギュっと満タン、テンコ盛りです♪

その日本を代表するスーパーフードの素晴らしさについて知りたい人はこちらを見て下さいね。
冷え性に効く梅醤番茶は日本のスーパーフードパワーが炸裂♪

それでは、「梅醤番茶(ウメショウバンチャ)」「醤油番茶(ショウユバンチャ)」のレシピ(って言えないくらい簡単なんですが)にいってみましょう。

《冷え性に効く~超簡単な醤油番茶(しょうゆばんちゃ)の作り方》

①醤油小さじ1~2杯を湯飲み茶碗に入れる。

②熱々の番茶(ほうじ茶)を注ぐ。

ハイ、できあがり~♪

《美味しく冷え性を改善~体を温めるお茶「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」の作り方》

①種を取った梅干し1個を湯飲み茶碗に入れる。

②醤油小さじ1~2杯とをおろし生姜小さじ1杯加えて、お箸で混ぜる。

③熱々の番茶(ほうじ茶)を注いでかき混ぜる。

ハイ、召し上がれ~♪

《梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)レシピ~独断の楽ちんポイント》

たかが梅しょう番茶、されど梅しょう番茶。

もともとレシピといえないほど超簡単な作り方だけど、めんどくさがり屋の私がさらに簡単に作るための楽ちんポイントをお伝えしますね。

ハイ、ぶっちゃけ、材料の分量はすべて適当でOKです。

ですよね~~\(^o^)/みなさん、そうしていることと思います♪

分量は適当でも、体を温めるお茶パワー満載なので「梅醤番茶」は冷え性の改善をせっせと助けてくれるハズ!

人によってそれぞれ味覚は違いますし、自分の舌が一番おいしい♪と思う梅醤番茶が最高にココロもカラダも癒してくれますから。

私もその日の体調や感覚で、梅干を2個にしてみたり、生姜や醤油を増やしたり減らしたりしています。

ま、そもそも、生姜や醤油の量はきちんと計ってませんけどねー。

あと、醤油は余分なものが入っていない生醤油(きじょうゆ)がおすすめです。

番茶も普通のものより「三年番茶」がいいと言われています。

生姜もすりおろした方がおいしいし、体にも良さそうですが、私はほとんど市販のチューブ入り生姜をぶちゅーっと4~5cm入れて飲んでいます。

梅干もわざわざ種をとったりせずに、丸ごと湯飲みに入れています。

で、最後は口に入れて、種の周りの梅肉もきれいに食べてしまいま~す♪

これがまたおいしいねんっ\(^o^)/

飲んだ後はほっこり心も体も温まって、冷え性ってことを忘れてしまいそうになっちゃいます☆

体により良いものをより良い方法で摂り入れることはとても大切ですが、あまり細かくなりすぎて飲むこと自体が億劫になってしまうと元も子もありません。

梅醤番茶のようにゆる~く優しく、あったか~くね~~♪

*************
梅醤番茶のまとめ~♪

体を温めるお茶「梅醤番茶」は、材料となる生姜、醤油、梅干し、番茶(ほうじ茶)のどれもが、日本の伝統的な「体を温める食品」であり、冷え性に効果があるといわれています。

もちろん薬ではありませんので、飲むとたちまち冷え性が治るとか、すぐに効果が現れるといった即効性は期待できないかもしれません。

ゆるゆる焦らず、お茶を楽しみながら、体を温めて代謝をアップ♪冷え性を改善していきましょう。

冷え性・便秘症・アンチエイジングに効果あり☆と言われる「梅醤番茶(ウメショウバンチャ)」

梅醤番茶が体を温めるお茶として、本当に冷え性に効くのか、効きそうなのか・・・はたまた全く効かないのか、ぜひあなたが実際に試して、検証してみてくださいね。

なんせ美味しいですから~☆お試しあれ~~\(^o^)/

・応援ありがとうございます♪
 にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ


関連記事

コメント











管理者にだけ表示